INDEPENDENT WEBLOG
2008 / 07   «« »»
01
T
 
02
W
 
03
T
04
F
 
05
S
 
06
S
 
07
M
 
08
T
09
W
 
10
T
 
11
F
 
12
S
 
13
S
 
14
M
 
15
T
 
16
W
 
17
T
 
18
F
 
19
S
 
20
S
 
21
M
 
22
T
 
23
W
24
T
 
25
F
 
26
S
 
27
S
 
28
M
 
29
T
30
W
 
31
T
 
 
«« Road To Zion #7 Now On Sale!!!!! | main | no data »»
«« カテゴリ内前記事(Road To Zion #7 Now On Sale!!!!!) | INDEPENDENT | カテゴリ内次記事(no data) »»
2008/07/29
FULLYLOADED 2008
ヤーマン!!
昨晩は毎夏恒例のSound祭り"FULLYLOADED"へと行って来た。

FULLYLOADED 2008

このShowにはBig Artist達も沢山Line Upされてるが、
数有るBig Showの中でも、唯一Sound が主役になれる、
Soundのための祭典なのだ!!

しかも、毎年誰かがClash仕掛けるのが恒例になっていて、
各Sound必ずと言っていい程、その日用の仕込みを隠し持ってんだよね!!

勿論お客の大半はそれを楽しみにしてるから、他のShowに比べて
客の質もハードコアでイケイケな感じ!!

盛り上がった時のVibezもヤバいが、いけてない時のブーイング等も容赦無し!!
正に天国と地獄ですな!!

まぁ、Soundをやってるなら誰もが憧れるBIG DANCE!!
それがFULLYLOADED!!

そんな年に1度のお楽しみも、夜中の2時でPoliceにLock Offされるという
噂が飛び回ってたため、我々も早めに集合し、10時前には会場に到着!!
(その時点で既に会場には沢山の人、人、人........)

早い時間はJamaicaのLocal Sound
(日本の皆の元には有名なSoundの情報しか届かないが、皆が思ってる以上に
Jamaicaには沢山のSoundがいるんだよね!!)
が、ここぞとばかりに、時間も気にせずおいしい曲かけまくり......

しかも、どのSoundもパッとせず、ただ時間だけが過ぎて行ってたな......

そんな中、AmericaのBronx代表のSound(名前は忘れた)が、
しっかり曲でストーリーを作って来てて、バッチリ盛り上げてたな!!

(因に各Soundの持ち時間は10分程度)

更に1時過ぎに現れた名物Selector, Sky JuceがFoundation Tune & 裸踊りでBuss!!

その後、またしばらくの間、ダラダラモードが続いたが、
2時前頃に出て来た地元のArea Code 876が落ち着いたPlay
(昔のKillerの曲等)で会場を盛り上げ、そのまま30分位アーティストタイムへ....

勿論メインのKiller率いるAlliance等はまだまだお預けで、
このターンで盛り上げてたのは、Shane O, I Octane, Lutan Fyah, Etana....
といったCulture系。

その後再びSound Timeへと戻り、
そろそろ、メインのTony MatterhornやBlack Catのお出ましかと思いきや
Still Some Local SoundがPlayし、3時前というとてもおいしい時間に、
Rep.Japan”Barrier Free”のコールが!!

よっ!!待ってました!! 日本代表Barrier Free!!
俺の知る限り奴らJamaicaでのPlayは初だと思うし、
更に、世界中のSound Manが注目するこのFULLYLOADED.....

正直、やっちまうんじゃ無いかという不安の方が大きかったが、
1曲目のBob MarleyのNatural Mysticの替え歌&コスプレ(多分柔道着???)
での登場で、会場は大Mush Up!!掴みはOK!!

その後も、決して旨いとはいえないパトワだったが、がっちり客のハートを掴み
それに伴った曲で、終始盛り上げて、最後は珍しく、皆の温かい拍手で見送られ、
かなり好い感じだったね!!

その後、負けず嫌いのJazzy Tが出て来て、仕込みを連発してたが、
いまいち客と噛み合ず、ややFlop気味.....

去年のFULLYLOADEDで名を上げて今年も期待のかかっていたCode Redも
的が外れて、ブーイングの嵐に......

そして、遂にこのイベントの顔、Tony Matterhornの登場で会場も一気に
ドッカーーーーーーーーーーーーーーーーーン来るかと思いきや........

At the same time police man dem come pon the stage & turn down the music.............

今までの経験上、PoliceがStage上に現れてそのままShowが続いた試しが無いから
俺らはその瞬間にゲートへと向かい、混雑が起きる前にさっさと退却。

因にKillerや他のArtist達もそそくさと帰ってましたな.....

本当最近のShow(特にKillerやMovado等がメインのShow)はまともに終わった事が殆ど無い!!

お互い(PoliceとPromoter)の言い分が有るのは解るが、
どうせShowをやるなら俺ら客に迷惑のかからない様に、やってくれって感じですな......

いつも、これからってところで.......
まぁ、それが今のJamaicaだからしょうがないんだけど......

Anyway、色々なプレッシャーにも負けず、バッチリ会場をBussさせた
Barrier FreeにBig Respect!! やったな!!
是非これだけで満足せず、これからもガンガン海外でいわして貰いたいね!!

と、まるで人事の様に書いているが、勿論俺も来年?再来年??辺り狙うつもり!!
それまでに色々と準備しなきゃいけない事が沢山あるから
まずは焦らず目の前の問題を解決して行かないとな〜。


posted at 2008/07/29 5:38:49
lastupdate at 2008/07/29 5:38:49
修正